ネットバンク・ネット銀行とは

ネットバンク・ネット銀行(インターネット銀行)とは、主にインターネットを使って銀行業務のサービスを提供しています。ネットバンク(ネット銀行)には、大きく分けると3つの種類に銀行の形態をわけることができます。

  • インターネットバンキング
  • インターネット支店
  • インターネット専業の銀行

■インターネットバンキングとは

インターネットバンキングとは、三井住友銀行やみずほ銀行などの大手都市銀行や地方都市銀行などが提供しているインターネットでのサービスです。
ネットバンキングでは店舗型の銀行を備えているため、いざというときの相談窓口などがあるのが特徴です。

■インターネット支店とは

インターネット支店とは、たとえば東京丸の内支店などの一つの支店がインターネット上にあるということになります。
インターネット支店のメリットとしては、インターネット上の口座を開いたほうが一般の口座よりも利息は少し高めの傾向があります。そのため、通帳が発行されない場合が多いです。

■インターネット専業の銀行とは

インターネットの専業銀行とは、楽天銀行、ソニー銀行、ジャパンネット銀行などの実店舗を持たない銀行形態となります。
店舗を持たないことによる、低コスト体質の経営のため、為替の手数料が低い、金利が高い、新しいサービスがあるなど、一般の銀行と比較しても、とてもメリットの多いサービスを提供しています。店舗を持たないため、提携銀行や郵便局、コンビニ等のATMを利用して、銀行口座のお金の入出金を行うことができるため、大手都市銀行などと、遜色のないサービスを受けることができます。